美しく健康になる方法

 

 

太りやすい食べ物の代表として、菓子パンや、ケーキ、インスタント食品、ファストフードなどのジャンクフードがあります。
共通するのは柔らかくて、バターなどの脂質が多く、糖質が多いことです。高カロリーの食べ物は美味しいので、なるべくとらないことがダイエットの秘訣ですが、1週間で調整すればいいので、今日食べ過ぎだと思えば、明日は、なるべくカロリーの多いものは控える等の工夫をすればいいのです。

 

血圧の急上昇も太る原因だそうです。膵臓で作られるインスリンに脂肪を蓄える性質があるそうです。インスリンと言えば、高血圧や糖尿病の治療で聞く名前ですが、あれは、インスリンが身体で作られないから外部から注入するわけで、血圧が上がらない太らない食べ方をした方がいいのでしょう。コース料理の食べ方が理想的だそうです。
まず、サラダがでて、スープを経て、最後にメインディッシュという順番ですが、食物繊維、タンパク質、炭水化物の順番で食べるといいそうです。

 

先ほど、カロリーの話をしましたが、高カロリーのものは消化に悪いため、胃腸も準備が必要なわけです。準備体操をせずに、いきなり全力疾走したり、重いものを持ち上げると怪我してしまうように、まずサラダを食べて、胃を動かしてから肉を消化する準備をすればいいのです。また、食物繊維で、油が胃腸に絡みつくのも防げます。また、サラダは生野菜などからビタミンを摂取するだけでなく、ワカメなどの海藻を一緒に取るとミネラルも一緒に取れます。

 

食べても痩せれる時間という物があるらしいですが、朝6〜7時、昼11〜12時、夜16〜17時だそうで、学生や働いてたら無理なので、休日にしかできそうにありません。でも、毎日、3食食べる時間を揃えると、トイレの時間も一定化できるの血圧も安定しやすいそうです。自宅で朝と晩に3Sボディクリームを塗るという方法は簡単です。

 

そして、ダイエットをするなら運動が一番と聞きますが、筋トレのようなハードな運動を1時間したなら30分以内に食べないと、筋肉が痩せてしまいます。
というのも、筋肉はタンパク質で出来ていて、その筋肉を動かすのがタンパク質であり、ビタミンやミネラルも必要です。でも、それらを食べないと、筋肉を糖に分解してエネルギーとして使ってしまい、身体が飢餓状態と判断して、今度は糖を脂肪として蓄えるようになるのです。
それで、筋トレに一番効果ある時間は16〜18時だそうです。朝するなら、起床1時間後、寝る前にするなら3時間前に済ませた方がいいです。
というのも、朝は血圧が上がらず、水分も足りてないので、急激な運動をすると、脳出血や心筋梗塞になりやすく、寝る前に筋トレすると、興奮して眠れないからです。

 

ダイエットに効果的な筋トレは、プランクです。おなかの脂肪が減ります。腕立て伏せのように、うつぶせの姿勢で、こぶしとひじ、つま先だけで支えます。
20秒から始めてみてはいかかでしょう。腹筋に効きます。30秒プランクチャレンジでは、初日20秒ではじめて、徐々に増やし、30日後に300秒にします。
(いきなりするのが無理のようなら、ひぜをついてやってもいいですが、その場合はひざが痛まないように、毛布やヨガマットを引いてやりましょう。)
そして、スクワットも効果的です。人体で一番大きな太ももの筋肉を動かせば、エネルギー消費量は高いです。でも、空気椅子のような姿勢で、爪先より膝を前に出さないようにするので、後ろに倒れやすくなるため、手を前に伸ばしてやります。初日50回、30日目に300回の30日スクワットチャレンジもあります。
また、クランチと言って、膝を曲げてやる腹筋もあります。数回に分けて1日でやればいいので、無理せず筋力アップとダイエットが出来ます。

 

そして、筋トレの後、お風呂に入り、お風呂上りにはマッサージをすれば、老廃物をデトックスできます。基本的に、身体の末端から心臓に向けて送るようにするので、足や腕は、身体の中心に下から上に、首は反対に上から下になでるように何回もマッサージします。でも、リンパは皮膚の2〜3mm下にあるので、強くやりすぎると傷つけてしまうので、優しくマッサージします。

 

最後に、一番多く食べるのは朝食で、昼食は中くらい、夕食が軽く食べるのが一番胃に負担がかかりにくいそうですが、朝、起きぬけに食欲もわかない人は、せめて昼しっかり食べて、夜は軽めにした方がいいです。そして、夜6時間半〜7時間半はしっかり寝て、夜10時から深夜2時までが成長ホルモンが作られるのでお肌にも関わります。ストレスを溜めないこともダイエットには大事です。できることから始めてみましょう。"

1日に1度は必ず食べる程スイーツ無しでは生活出来ないくらい大好きです。スイーツといっても色々な種類があるのでどれを購入するのかスーパーでいつも悩んでしまいます。基本的にその時の気分で購入しますが、最近では体に良い物も沢山売っているのでたまには体に良いスイーツを購入するようにしています。例えば乳酸菌が入っているチョコレート。味もいつもと変わらず美味しいチョコレートにも関わらず、乳酸菌を一緒に取る事が出来るのでたまに購入するようにしています。甘い物が食べたいと思った時にコーヒーと一緒に食べるのが最高の至福の時です。
また、ドライフルーツは少しカロリーが高いものの、こちらも体に良いと言われているので特にマンゴーのドライフルーツを頻繁に購入しています。仕事をしていて口が寂しくなった時に口に含んでおくだけで口の中が甘さで一杯に広がります。ビタミンも一緒に取る事が出来るのでとても嬉しい1品です。
たまに贅沢な気分を味わいたい時はスーパーで安いケーキやシュークリームを購入します。高価なケーキな誕生日やクリスマス等特別な時だけにしていますが、安いケーキ等でも十分に楽しみながら食べる事が出来ます。1つのお菓子を一度に食べずに、2回、3回に分けて食べればカロリーも半減出来ますし、食べ方で太らずに満足できるスイーツの食べ方が出来ますのでお勧めです。

 

体に良いスイーツ

更新履歴